2010年10月21日木曜日

妄想のネタ元

図書館で借りた本。本日は西洋かぶれ系。

黒衣の修道僧/アントンPチェーホフ
ヨーロッパの形 螺旋の文化史/篠田知和基
Ball Jointed Doll Making Guide/吉田良
神曲/ダンテ(発行:アルケミア 発売:九鬼)

神曲はギュスターヴ・ドレの挿画が神業。吉田良さんの球体関節人形本は、図書館の地下に所蔵されていたので、職員のおばちゃまに探しに行ってもらったのですが、だいぶ待たされて、すっごく謝られちゃいました。見つからなかった理由が「タイトルが英語だったからぁん」って。なるほど。タイトル長いですしね。

さて、お風呂に湯の花も入れたし、あたたまってさっぱりしたら、寝るまで読書タイムです。

2010年10月4日月曜日

AMP GALLERY&CAFE

福岡から大分への帰り道、吉野ヶ里の「AMP GALLERY&CAFE」さんに寄ってきました。
ギャラリー付近。実った稲とずっと続くヒガンバナ。雨が降って風景はしっとりと美しいのですが、私は前髪が外巻きになって、だんだんスネちゃまみたいになっていくのでした。

ギャラリー前にもヒガンバナの群れ。

何か、ウリ的なものも。

 ギャラリー入り口。中もちょっと見えていますが、天井が高いです。10月いっぱい、『COVERS x COVERS』というグループ展をやっていて、 私も参加させてもらってます。

音楽、映画、書籍の装丁でも有名な恒松正敏さんなんかも参加されているので、ぜひ見にいらしてください。私の作品がちゃんとした人たちの中に紛れていておかしなことになっていますよ。展示について詳しくは過去の日記を。

ギャラリーの横にはカフェもあって、名物ヤッホーカレーを食べさせてくれると聞いていたのですが… 何か今日のカレーは味が違ったらしく、急遽特別メニューの鶏のソテーが振舞われました。召し上がりたい方は、「例の裏メニューを」と言えばこちらを出してもらえるかもしれません。

そんな、こだわりのヤッホーカレー、近いうちにまた食べに行かねばです。ちなみにカフェを利用すると、ギャラリーの入場料がタダになっちゃいます。