2011年4月6日水曜日

ルーマニアの旅 9日目

2011年3月27日(日曜日)の旅の記録
アテネ・パレス・ヒルトンの朝食ビュッフェ。相変わらず品数豊富でおいしいのでした。今回の旅行の最後の朝食がここで良かった。満足満足。

ブカレストの街を通り抜けて、

凱旋門のロータリー交差点を回って

レンタカー屋さんに車を返すからガソリン満タンにして

アンリ・コアンダ空港に到着。ポリスが見送ってくれているような、そんな気持ち。

オランダ、スキポールまではタロム君です。

さっき朝食を食べたばかりだけど、一応食べちゃいます。

自分でコーヒーを調合するシステム。

スキポールでは時間があったので、お買い物タイム。オランダ村みたいでした。

さっき何か食べたような気がしたけど、たぶん気のせい。スムージーもパンもサラダもおいしい。

スキポールからインチョンまで。

2回目ミール。このパンおいしい。

中国は発展しておるな。

韓国で福岡行きに乗り換え。またここでスムージーをぐびぐびやる。

今回の旅、最後のミール。さっきのコチュジャンチューブをとっといたので、また、ぶちかけていただきました。



ルーマニアの出国審査の時、かたい表情をした女性の管理官のところに並びました。ヴナズィア(こんにちは)と言ってパスポートを渡し、ムルツメスク(ありがとう)と言ってそれを受け取ったら、にこーっと笑ってくれたのが今回のルーマニア最後の思い出になりました。お仕事柄、むやみに笑えないのかもしれないけど、彼らもきっと道中で見かけた人たちと同じく、親切で陽気なんだろうなと勝手に思わせていただいとります。

0 件のコメント:

コメントを投稿