2012年9月11日火曜日

カンボジアの旅5

アマゾン・アンコール。アプサラダンスショーのあるビュッフェレストラン。中高生のアルバイトさんが踊っているのですが、これが、なかなか。
 
しかし、こういうところのお食事は期待できないんじゃないかと勝手に思っていたのですが、美味しいですよここ!東南アジアの美味しいものがたくさん。写真の一番左、葉っぱに包まれているのはカンボジア料理のアモック。プチサイズですけど。
 
もうひとつショーのあるレストラン。バイヨソレストラソ。バイヨンレストランです。こちらはスバエク・トーイ(影絵)をやっています。
 
南国気分を味わうためにココナツジュースを頼んでみました。日本で飲むとアレな味ですが、こういうところで飲むとなぜか美味しいものです。

 こちらも中高生のアルバイトさん。アプサラダンスがチアリーディング部なら、こちらは漫研だと思いました。
 
これは別のお店で食べたかぼちゃのプリン。カンボジアに来たからには一応。カンボジア料理屋さんだったけど、お皿は全部セラドン焼きでした。カンボジア独特の焼き物ってあるのかしら。
 
さて、ナイトマーケットへも繰り出したのですが、スコールがざざーっと。

おかげで写真は何だかきれいなんですけど、足元びちゃびちゃ。この辺はパブストリートです。


入り口にパブストリートとか、

ナイトマーケットとか表示はあるんですけど、規模が小さいのであっという間にふたつとも回ってしまいます。
 
お店はこんな様子。ガイドブックに治安は悪くないと書いてあったのですが、ひとりでいたら変な兄さんふたりに気持ち悪ーい感じで迫ってこられたので、ポリスの元に走って、オットが戻ってくるまで付き添ってもらうことに。

 
ポリスのお兄さん、ちゃんと付き添ってくれましたよ。

マーケットでは欲しいものが売っていなかったので、近くのアンコール・キャンドルでガネーシャの蝋燭を買いました。アンコール・キャンドルの蝋燭は、本店より国立博物館のミュージアムショップのほうが品揃えが良かったような気がするのですが、たまたまだったのかな。
とにかく、スタイリッシュで品質の良いお土産は国立博物館のミュージアムショップが揃っていましたよ。お値段もお高めですが。
 
シェムリアプ空港。実はこれは入国時に撮影したものです。飛行機を降りたら、ここから入国審査に向かいます。そして審査での会話は日本語でした。
今回はツアーも悪くないかなと思えた旅行でした。と言いつつ、次の旅ではきっと自分で全部手配するんだと思いますが…
 
ちなみに航空券もホテルも旅行会社が全部手配してくれたため、乗り継ぎのインチョンを暫くの間ソウルだと勘違いしていたという笑い話もあったりします。


0 件のコメント:

コメントを投稿