2015年6月22日月曜日

紺碧。(演劇集団P-nuts)

昨日、ホルトホール大分(大分市)にて演劇集団P-nutsさんの『紺碧。』が上演され、私も観に行きました。会場は満席。床にマットを敷いてそこにもお客さんが。すごいなP-nutsさん。

内容は、保戸島空襲を題材とした幻想的な舞台。私は事前にDVDをお借りして観ていたのですが、やっぱり生で観るのとは大違いでした。ぐいぐいと引き込まれ、客席の笑いや涙も舞台と一体化していくわけです。

そんな舞台にこんな蝉の抜け殻はいかが?と半ば強引に作らせてもらった舞台道具。ワイヤーの骨組みにビニール張り。照明が当たるとワイヤーの金属が反射してぼんやり光ります。


効果的に照明を当ててくださったおかげで、蝉の抜け殻は怪しげに美しくそこに存在していました。

さて、演劇集団P-nutsさんの躍進は休むことなく続くようで、今後は再び大分、そして福岡や宇佐でも公演の予定が入っているようです。

詳しくは演劇集団P-nutsさんのサイトをご覧ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿